choices contents

矯正治療の流れ

受付

矯正治療を始めてもすぐに装置が入るわけではありません。矯正治療は、長い年月がかかるのです。
【1、矯正相談をうける】だいたいの歯科では矯正相談があり、無料~数千円で受けられます。まず、予約をします。歯科医が実際に口の中をみて、治療の概略を説明します。矯正治療をするか考えます。
【2、検査】実際に矯正をする事が決まったら、まず検査という所が多いです。数万円をかけてより詳しい検査を受けて、患者さんの希望の歯並びに近付ける為に最善の治療を歯科医が考察します。注意としては、この検査の段階で、何らかの理由により、矯正ができない場合もあるという事です。例としては、前歯の歯根が短くて、矯正をすると前歯に力がかかり、歯が抜けてしまうおそれがある場合などです。
【3、診断】歯科医が、検査結果を元に考案した治療法、費用、期間などの説明があります。その結果を元に断念しても大丈夫という所もありますので確認してみてくださいね。
【4、実際に装置をつける】ここでようやく、装置をつけます。人によって違いますが、数年かかる方が多いです。その間、歯科医に指定されたペースで通院します。
【5、保定観察】治した歯が戻らないよう観察する期間です。歯科医や、患者さんによっては、保定装置をつけます。歯科医や症例によっては、違う流れになる事もありますが、治療前におおよその流れをつかんでおくといいですよね。自分はどんな流れか歯科医にもきいてみてくださいね。