choices contents

子供の矯正歯科をするメリットとデメリット

レントゲン

矯正歯科で治療するなら子供の頃からした方がメリットが多くあります。まずは、「仕上がりがよくなること」です。歯の大きさが極端に大きく、いずれ抜歯が必要となるケースでも、あごの成長をバランスよく保つため、矯正の仕上がりが良くなります。
もうひとつは「歯並びが悪く生えてくる歯を減少させる」ことです。乳歯の抜歯のタイミングをコントロールすることで、悪い方向へ生えてくる原因を減少させ、噛み合わせの良い状態に導きます。
あとは、「顎の曲がりの程度を減らす」メリットがあったり、「歯や顎の負担を減らす」メリットがあります。しかし、メリットがあればデメリットもあります。子供の矯正歯科はほとんどの場合が、「矯正期間が長くなること」があげられます。顎の成長が終わる15歳前後まで観察する必要があるためです。
あと、「子供の頃に矯正歯科したとしても大人になってから再度矯正歯科しないといけない時があること」です。子供の頃に矯正したからといって大人になってから歯並びが悪くなる可能性はなくもありません。そういう場合は、もう一度矯正歯科を受けないといけません。子供の矯正歯科に使用する装置は、家庭で患者本人に装着してもらうタイプが多く、患者本人が協力的でなかったら良い結果がでないことがあることも子供の矯正歯科のデメリットです。